度あり・度なし

今やカラコンは医療機器として扱われています。そこで登場したのが、度なしと度ありのカラコンです。度なしは、これまでのカラコンと一緒の部分は多く、ソフトレンズの主流で、BCの種類での購入が多かったのですが、目が悪い人は、カラコンをつけた上からめがねをかけて視力を調整、が一般的でした。また、めがねの変わりにコンタクトレンズを元々つけていた人には、2重につけるのは出来ませんので、カラコンは使えませんでした。そのために長い間、度ありのカラーコンタクトレンズの登場が待たれていたのです。