カラコンの種類

コンタクトレンズ自体は、ハードレンズとソフトレンズの2種類ありますが、その違いを書いてみたいと思います。ハードレンズは大抵プラスチック製の硬いレンズで、水分をほとんど含んでいない場合が多いのが特徴です。酸素はレンズの分子レベルの隙間があるので、そこから瞳に酸素を送ります。直径は約9mmほどで、黒目よりやや小さめのレンズです。カラコンには、このハードレンズでの製品は基本的にありません。ハードレンズはソフトレンズと比べると、つけてしばらくは目に違和感を感じる場合があります。ごろごろとした感じが多いと思いますが、なれれば治まってきます。また、水分がとても少ないので、自分でハードレンズ用の目薬などを使い、ケアすることも必要です。ハードコンタクトレンズは、汚れにくいいし、ソフトレンズに比べケアが簡単です。ハードレンズと、ソフトレンズのBCは違いますので、カラコンを装着したい時は、BCの確認とソフトレンズが装着できるのかどうかを確認したうえでカラコンを購入しましょう。