カラコンの正しい装着とは

カラコンの付け方は大切です。角膜に直接装着するため、メガネとは違って、眼球を直接触るわけです。そのため、大事な眼を傷つけてしまったりすることのないよう、装着には細心の注意を払う必要があります。装着する時の方法として、まず、つめを短く切りましょう。その後で手を洗っておきます。石鹸などで念入りに洗います。水洗いだけだと、眼に見えない雑菌などは取れていないからです。水洗いはしたので大丈夫と思い目をさわったら炎症を起こしたという話は良く聞きます。つめに関しては、伸びたまま使うと、爪で眼が傷ついたり、またレンズを持ってつける時にレンズを傷つけたりがあるため、爪は短く切ってから装着しましょう。また、カラコンだけでなく、コンタクトレンズは見た目には同じように見えますが、ちゃんと裏表があります。これを間違うと、眼に違和感がすごくでます。注意しましょう。