知っておくべきこと2

友達など他の人とカラコンを共有しての使用はやめましょう。目に対してトラブルや障害の原因にもなります。また、カラコンには専用液が付いています。それ以外でレンズは洗わないで下さい。また、カラコンをつけたまま、プールや海には入らないで下さい。粗悪品のカラコンが出回っています。特に、海外直接のものだと、日本語の説明書が添付されていないなどの、不十分なものはおすすめできません。付け心地が悪いまま、装着するのは危険ですので、その場合は使用をやめましょう。また、カラコン以外にも、必要なものはありますので、カラコンだけでなく、それらの付属品も買うことが必要です。例えば保存ケースや目薬、洗浄液がそれにあたります。洗浄液・保存液に関しては、薬局などで多数売られていますが、消毒効果が低いという声が多く聞かれます。