ハーフ顔になれる!?その2

ハーフ顔になるうえでカラーの次に重要なのは、カラコンの「フチ」です。 カラコンには「フチあり」と「フチなし」の2つのタイプがありますが、「フチあり」のほうがより目の大きさや目ヂカラが強調されるので、顔立ちに自信がない人にはオススメです。 目にカラーを付けただけでハーフ顔になるという潜在能力の高い顔立ちの、いわゆる「濃い顔」の人は、「フチなし」のカラコンでも十分にハーフ顔になれるでしょう。 また、カラコンの模様は、着色の仕方がグラデーションになっているものを選ぶとより自然に色が目になじんでハーフ顔に近づくことができます。 カラコンを付けるだけで誰でもすぐにハーフ顔になれるというものではないので、もともとの自分の顔はもちろん、メイクやヘアスタイル・カラーリングなど、トータルでコーディネートすれば、あなたが理想とする憧れのハーフ顔になることができるでしょう。