正しいカラコンの使い方・準備

カラコンを装着する時は、必ず手を石鹸で洗い、清潔な状態で爪などでレンズを傷つけないようにしましょう。 実は、この手洗いが非常に重要なポイントなのです。 私たちの手には、目に見えない微細な雑菌が大量に繁殖しています。手は皮膚で覆われて保護されているので、雑菌が付着していても大きな問題となることはありません。 しかし、目(眼球)には皮膚がなく、無防備な状態にあるので、手に付着していた雑菌が目に入り、炎症や病気の原因になることがあります。 そのため、カラコンに限らず、コンタクトレンズを装着する際には、石鹸を使ってしっかりと手を洗うということは非常に重要なのです。 手をよく洗ったら、しっかりと水気を拭き取って乾かしましょう。手が濡れていると、レンズが指にくっつきやすくなり、装着しずらくなってしまいます。 もうひとつ重要なポイントは、できれば爪を短く切っておきましょう。 すでにコンタクトレンズの装着に慣れている人は問題ないかもしれませんが、初心者の場合は、爪でレンズに傷がついてしまったり、眼球を爪で傷つけてしまうことがあるからです。 カラコンやコンタトクレンズを付けるためだけに爪を切るのは抵抗があるかもしれませんが、万が一、目を傷つけてしまうと、そこから雑菌が入って病気になるなど、取り返しのつかないことにもなりかねません。慣れるまでは、万全を期したほうがいいでしょう。