カラコンで視力が悪くなる?

これは、基本的にそんなことはない、と言っていいでしょう。カラコンも普通のコンタクトレンズと同じように、正しく使えば視力が低下するようなことはありません。 そのため、よく「カラコンを使ったら目が悪くなった」と言っている人は、お手入れの仕方が良くなかったからだと考えられます。 使い捨てではないカラコンやコントクトレンズは、毎日のお手入れが非常に重要です。 清潔に保つためには、しっかり洗浄して保管する必要がありますが、これを面倒くさがって、いい加減にすると、知らないうちにレンズが汚れてしまいます。 一見、きれいに見えるレンズでも、実は目に見えない雑菌が繁殖して、様々な目のトラブルや病気を招く可能性があります。 また、急いで付け外しをしたことによって、レンズで眼球の表面を傷つけてしまっているケースもあります。 カラコンやコンタクトレンズを付け外しする時は、落ち着いて、丁寧に装着することが大事です。 さらに、自分に合った正しい度数やサイズのカラコンを装着していなかったことによって視力が低下することもあります。 つまり、カラコンを装着したから視力が低下するというものではなく、カラコンを正しく使用すれば、視力が低下することはないということなのです。