眼科での検査について

最初に全身や眼疾患の既往を調べるための「問診」を行ないます。 そして、視力検査(屈折、矯正、眼圧、レフラクトメーター等)、眼前検査(スリットランプ)、涙液チェックなどの検査を行ないます。 各種の検査によって、医師が目の状態を総合的に診断し、カラーコンタクトレンズを使用しても問題ないと判断されたうえで、処方検査が行なわれます。 この検査では、トライアルレンズというテスト用カラーコンタクトレンズを実際に装着し、見え方などの自覚症状や装着状態を観察したうえで、最適なレンズのカーブや直径、度数が決定されます。 その処方に従って、病院に隣接する販売店などでカラーコンタクトレンズを購入します。 そして再度そのレンズを装着して、再度、視力や装着状態の確認を行ないます。 その後、装着・取り外しなどの練習をしたり、必要に応じて毎日のお手入れ方法などの説明を受けます。